スタッフBlog

住まいのノウハウ 2022.07.25

収納力が足りない時にお勧めな可動棚。その特徴とは?

収納は悩ましい

こんにちは。イチマルホームの斉藤です。

マイホームで大きな検討事項となるのが収納でしょう。

収納はそもそも不足しがちで、しかも長く住んでいたりご家族が増えたりするとさらに足りなくなりますよね。

そんな方には、位置を細かく調整できる可動棚をお勧めします。

ご家族が増えたりライフスタイルが変わったりと収納量が変化しても、柔軟に対応できますよ。

そこで今回は、可動棚の特徴について解説いたします。

壁面収納を自由に創出できる

多様なパーツがあることが可動棚の特徴で、棚だけではなくフックやポールなどもありますから、

収納したいものに対応する形でパーツを組み合わせることができます。

固定収納を置けない高い場所や狭い場所でも、壁面さえあれば自由に収納を創出できますよ。

 

配置も棚の高さも調整できる

収納したいものはライフスタイルや時期によって変わりますから、マイホーム建設時にせっかく設けた収納が使えなくなることもあるでしょう。

比較的自由に配置場所を変えられる可動棚であれば、収納したいものに合わせて棚の位置も調整できますから、

長期間活用することができそうですね。

ちなみに棚の位置の変え方は、レールに接続するブラケットを調整するだけですから、非常に簡単です。

 

インテリアデザインへ調和する

インテリアとして活用できることも可動棚の魅力です。

廊下やリビングに可動棚があれば、雑貨や花を置くスペースとして活用できますね。

自由に棚の位置を変えられますから、よりインテリアデザインが洗練される場所に配置してみると良いでしょう。

 

柔軟に変化に対応できる可動棚

今回は可動棚の特徴について解説いたしました。

マイホームを作る際は、将来のライフスタイルやご家族の変化を想定しきることは難しいですから、

適切な収納のあり方はその都度変わっていきます。

可動棚があれば、どのような状況でもすっきりした家の状態を保つことができるかもしれませんね。

 

イチマルホームでは、お客様の暮らしに合わせた家づくりを行なっております。

ご質問・ご相談も随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください!

一覧に戻る

MODEL HOUSE OPEN

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)