スタッフBlog

住まいのノウハウ 2022.07.20

猫の居心地が上がるキャットタワー、どう選ぶ?

大半を室内で暮らす猫

こんにちは。イチマルホームの光畑です。

猫は元々家の外部と内部を行き来していましたが、近年は完全室内飼いが主流となっています。

病気や交通事故のリスクを低減するためですが、猫ちゃんにとっては室内暮らしが基本となりますから、

快適かつ居心地よく過ごせるような空間にしてあげたいですよね。

そこで今回は、キャットタワーの種類や特徴についてご紹介します。

 

 

キャットタワーの必要性

そもそも、キャットタワーはなぜ必要なのでしょうか。

元来、猫は狩りをしますし、猫の祖先は木の上で生活していたと言われていますから、

高い場所から周りを見渡すことを好む生物であると言えます。

そのため、室内でも高いところを創出できるキャットタワーは、多くの猫にとって安心できる場所となるのですね。

 

また、キャットタワーがあることによって上下に移動する運動を行うことができますから、

日頃の運動不足も解消できるでしょう。

ストレスが溜まっていそうな猫ちゃんなら、爪とぎの機能を備えたキャットタワーをお勧めします。

 

据え置きタイプ

部屋の床に置くだけのものが据え置きタイプで、簡単に移動することが可能ですから、

お掃除や模様替えの時にもストレスがなさそうですね。

いろいろな高さの製品がありますから、猫ちゃんに適したものを選択できますよ。

デメリットは固定されていないため、活発な猫ちゃんだと転倒のリスクがあることです。

そのためアクティブな動きをする場合は、背丈が低かったり柱が多く安定していたりする製品を選びましょう。

 

突っ張りタイプ

床と天井を突っ張るように長さを調整するキャットタワーが突っ張りタイプです。

固定できるため安定感はあるものの、容易に移動できない点がデメリットと言えます。

天井まで有効に空間を活用できるため、上下運動をしたい猫ちゃんにとってはぴったりですが、

一方で飛び降り時に体を痛めるリスクがありますから、子猫やシニア猫の場合は注意しましょう。

 

人も猫も居心地よい家づくりなら

今回はキャットタワーの種類や特徴について解説いたしました。

猫ちゃんのリラックス空間の創出や運動不足解消に寄与するキャットタワー、いかがでしたでしょうか。

様々な製品がありますから、動きの激しさや性格によって適したキャットタワーを選んであげましょう。

 

イチマルホームでは、お客様の暮らしに合わせた家づくりを行なっております。

ご質問・ご相談も随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください!

一覧に戻る

MODEL HOUSE OPEN

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)