スタッフBlog

住まいのノウハウ 2022.11.15

おしゃれなくつろぎ空間を演出するために トイレのインテリアにこだわろう!

心落ち着くパーソナルスペース

こんにちは。イチマルホームの窪田です。

一人になれる時間は誰しも必要としています。たとえ、愛する家族と住んでいたとしても例外ではありません。

その点、トイレは絶対的なパーソナルスペースなので、家の中でも特別な場所といえます。

「トイレにいるとなんだか落ち着く」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

誰にも干渉されたくない気分の時や、ちょっと気分が落ち込んだ時、ひとりになるためにトイレに駆け込む方も多いのではないでしょうか?

そんなときに「昔ながらの清潔感のないトイレ」では、なかなかリラックスできません。

一人になりたい時やちょっと気分が落ち込んだ時、落ち着いた気持ちにさせてくれる綺麗で素敵なトイレの施工について紹介します。

トイレの空間設計アイデア集

トイレの空間設計は、多岐に渡ります。今すぐにトイレの雰囲気を変えられるアイデアから、注文住宅ならではの方法までさまざまです。いくつかのアイデアをご紹介していきますので、ぜひご自身の状況にあった方法を参考にしてみてくださいね。

ベースカラー・メインカラー・アクセントカラーを意識して色を統一する

まず、簡単な方法は、色の統一です。トイレの便器・壁紙・小物などの色を同じにすることで、統一感が生まれ、一気にお洒落なトイレ空間になります。

スタイリッシュな空間を作れるため、一人の時間を満喫したいときにも気分が晴れます。

床材にこだわる

トイレをナチュラルな空間にしたい場合は、木の風合いを感じられる床材を使うことをおすすめします。

ただし、耐久性には注意が必要です。トイレ空間は洗剤、水、アンモニアなど床にとって過酷な環境です。耐久性の高い素材を選びましょう。

トイレに似合う観葉植物を置く

陰気なイメージのトイレを明るくするためには、観葉植物を置くのがおすすめです。

しかし、トイレは間取りによって、日当たりが悪かったり、窓がなかったりする場合も多いです。そのため、耐陰性のある植物を選ぶよう注意しましょう。

たとえば、アイビーやサボテンなどがおすすめです。窓がない場合などはフェイクグリーンという選択肢もあります。

狭いトイレこそインテリアを工夫して

「うちのトイレは狭いから」と諦めている方もいらっしゃるでしょう。しかし、狭いトイレでも、インテリア次第で快適なトイレ空間づくりが可能です。

トイレットペーパーのストックなど、生活感の出るものを隠すだけで、トイレの印象はだいぶ変わります。

簡単にできる工夫なので、ぜひ今からでも取り組んでみてください。

「ずっと快適に使えるトイレ」のこと

「ずっと快適に使えるトイレ」をつくるためには、バリアフリー対応が必須です。今、快適だと感じるトイレでも、年齢を追うごとに不便さを感じる場合があります。

長く住まう家づくりが目的の際には、どんな人でも快適に使える「バリアフリー」のトイレにしましょう。

「今」快適でオシャレなトイレ空間はちょっとした工夫で実現することができます。将来にわたって快適に使い続けられるトイレ空間をお考えの場合、家からつくることも視野に入れてみましょう。

イチマルホームでは、建築家としっかりと話し合いながら家づくりを進めていきます。そのため、「今」から「未来」にわたって快適な家づくりが可能です。ぜひ、どんなことでもお気軽にご相談ください。

一覧に戻る

MODEL HOUSE OPEN

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)