スタッフBlog

住まいのノウハウ 2022.08.30

衣裳部屋のメリットとデメリットとは?

衣裳部屋という解決策

こんにちは。イチマルホームの藤上です。

豪華なイメージのある衣裳部屋ですが、洋服の量が多い場合は有効となるため、今回はより具体的に衣裳部屋のメリット・デメリットを解説していきます。

ウォークインクローゼットとの違い

ウォークインクローゼットの大きいものが衣裳部屋と捉える方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはやや違いがありますよ。

ウォークインクローゼットは主目的が収納ですが、衣裳部屋は収納だけでなく着替えが可能であるなど、収納機能に加えて洋服に関する作業ができることが違いと言えるでしょう。

 

空間があれば、アクセサリーなどの小物類やドレッサーを設置・収納することで、衣裳部屋で全てを完結させることもできますね。

ウォークインクローゼットは洋服以外の収納も可能ですが、衣裳部屋は基本的には洋服のみの収納機能を有することも違いと言えます。

  

メリットは?

メリットは例えば以下の点が挙げられるでしょう。

 

・洋服の収納空間が確保できる

・ご自身やご家族の洋服を一括で収納・管理できる

・洗濯物の収納を振り分ける必要がなく、衣裳部屋内で楽に収納できる

・着替えが手軽になる

 

起床後や帰宅後に着替える際にも着替えをする場所が決まっていますから、動線も効率的で時短に繋がります。

また洗濯後にはご家族の分も一緒に衣裳部屋に持っていくことができるため、楽になりますね。

  

デメリットは?

一方でデメリットは以下の点が挙げられます。

 

・洋服だけの部屋となるため埃が溜まる

・最低3.5畳の広さが必要である

 

洋服はその特性から埃が溜まりやすく、定期的な掃除が求められます。

空気清浄機や掃除機の設置も検討しておきましょう。

また衣裳部屋の分、リビングや他の部屋の空間が狭くなる可能性もありますから、家全体でのバランスの検討は必要です。

衣裳部屋を始めとした家づくりなら

このように衣裳部屋には、動線や管理面でメリットがある一方、掃除や空間面でデメリットがあることがわかりましたね。

 

イチマルホームでは衣裳部屋を始めとして豊富な家づくりの実績がありますから、お客様のライフスタイルに合ったプランをご提案することが可能です。

お悩み、ご相談あればいつでもご連絡お待ちしております

一覧に戻る

MODEL HOUSE OPEN

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)