スタッフBlog

住まいのノウハウ 2022.07.08

実は重要なエクステリア。どのようなデザインとするべき?

エクステリアの重要性

こんにちは。イチマルホームの藤上です。

エクステリアは来訪者が最初に目にしますから、マイホームの第一印象を決定づける箇所と言っても過言ではありません。

また印象だけではなく、目隠しや防犯といった暮らしやすさにも関連している重要なポイントですから、

今回はエクステリアのデザインの種類について解説いたします。

 

 

 

エクステリアの定義

家の外回りの空間を示す言葉が「エクステリア」です。

似たような言葉に「外構」がありますが、これはカーポートやフェンスなどといった、

エクステリアの要素となる構造物を示す言葉なのですね。

つまり外構を組み合わせて創出された空間がエクステリアであると言えます。

 

3つのデザイン手法

エクステリアは様々なデザイン手法がありますが、大きく分けると3つです。

 

まずフェンスや門扉などで敷地を囲むようにするデザインが「クローズドデザイン」です。

プライバシーを守るために近隣の住宅や道路との境界線が囲まれており、日本の住宅街ではよく見られる手法ですね。

一方で風や光を室内に入れづらく、内部空間の開放性がやや損なわれるところがデメリットです。

 

境界を囲まないデザインが「オープンデザイン」で、海外の住宅ではよく見られます。

近年人気がある手法でもありますが、当然家が丸見えであるため、プライバシー対策はしっかり検討しましょう。

 

これらの手法を組み合わせたものが「セミクローズドデザイン」です。

境界を囲む塀の高さなどを工夫することで、プライバシーも開放感も確保することができます。

 

 

 

 

必要な機能をエクステリアで確保しよう

今回はエクステリアデザインの種類や概要について解説いたしました。

家の顔となるエクステリアは非常に重要なポイントですから、

ライフスタイルに合ったプライバシーや開放感といった機能を検討の上、適切なエクステリアデザインとしましょう。

 

イチマルホームでは、お客様の暮らしに合わせた家づくりを行なっております。

ご質問・ご相談も随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください!

一覧に戻る

MODEL HOUSE OPEN

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)