スタッフBlog

家づくりについて 2021.12.07

【イチマルホームの家づくり】安心して暮らせる工夫①「主要構造部」

こんにちは!イチマルホームの窪田です。
本日は「イチマルホームの家づくり」と題して、住まいの「主要構造部」について解説します。
主要構造部とは、建築基準法で定義される、防火や安全、衛生上重要な建物の部位を示す用語。
具体的には、壁、柱、床、はり、屋根、階段で、住まいの大切な構造を指します。イチマルホームでは、お客さまが安心して暮らせるような工夫を行っています♪

 

 

建物をしっかり支えるベタ基礎
「基礎」とは、建物下の地盤全体に鉄筋コンクリートでつくる土台です。建物の荷重を基礎全体で均等に支える構造なので、地震や台風などの災害にも強い仕様となっています。さらにベタ基礎は地面全体をコンクリートで覆うため、湿気が上がらず防蟻対策にも適しています。

 

国産桧無垢KD材1等使用
厳選した「国産桧材」を使用することで、地震に強い家づくりを行います。さらに桧は、湿気やシロアリに対して強い性質があり、長く強度を維持できる材料!桧を使った住まいは、心地よい暮らしを実現します。

 

徹底した地盤調査
「地盤調査」とは、構造物などを立てる際に地盤の性質を把握するための調査です。地盤を調査した報告書をもとに、必要に応じて地盤の改良や、建物と地盤状況に合った最適な基礎を設計していきます。

 

耐震補強金物(タナカ)
木材の接合部分に耐震金物でしっかりと補強し、木材の浮き上がりやズレを防ぎ、安全性を強化します。またイチマルホームでは金物メーカーと協力し、構造的な部分を検証した上で金物の数や配置場所を決定しています。他社では標準的な仕様に基づいて設計することが多いですが、私たちはお客さまの住宅にあわせ、ていねいに検証を行います!

 

いかがでしょうか?とてもマニアックな話なので(笑)ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

一覧に戻る

MODEL HOUSE OPEN

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)