スタッフBlog

2024.02.09

快適な住まいへの第一歩!ヒートショックとその対策ポイント

最近は東京で大雪のニュースがあり、晴れの国の岡山でも寒い日が続くこともありますね🥶

こういった寒い季節になると、室内外の温度差が気になることも…。

そんな中、急激な温度変化によって引き起こされる「ヒートショック」という症状が出ることがあります。ヒートショックとは、急激な温度変化によって引き起こされる健康被害のことで、特に冬場の暖房が効いた室内から外へ出る際などに注意が必要です💦

ヒートショックを防ぐためには、快適な温度環境を確保する工夫が不可欠です。今回は対策するべきポイントをお伝えします!

 

1. 断熱性能の向上

住まいの断熱性能を高めることは、ヒートショック予防においては最も重要です!

断熱材や断熱設計を駆使し、外部の寒冷な空気から室内を守ります!冬でも室内は快適な温度を保ち、突然の温度変化からくるヒートショックのリスクを低減した家づくりを行います!

 

2. 滞在スペースへの暖房の行き渡り

人が滞在する場所は住まいの中でも重要なスペースです。

弊社では室内の温度が均等に行き渡るようなレイアウトや通気性を考慮した設計を心掛けています!これにより、どの部屋でも快適な温度を維持し、冷暖房の差によるヒートショックを回避することも考慮しています。

 

3. 窓やドアの開口部への工夫

住宅内部の熱は開口部から放出されることが多いため、窓やドアの断熱性を向上させることが重要です。

イチマルホームでは標準仕様で樹脂サッシと複層ガラスを採用しています!デザイン性を損なうことなく優れた断熱性能を実現して、開口部からの熱の逃げを抑え、住まい全体の快適性を向上させた住まいを実現します!

 

お客様のご要望やお悩みに合わせて最適な住まいづくりを提案しています。

ヒートショックなどの症状への対策についても、ご対応させていただきます!

ぜひお気軽にご相談くださいませ!

一覧に戻る
facebook instagram LINE youtube

MODEL HOUSE OPEN

白石モデルハウス(岡山市北区)

白石モデルハウス(岡山市北区)

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)

河本モデルハウスⅣ(赤磐市)